青色ハイブリッドレーザーによる銅端子のヘアピン溶接

青色ハイブリッドレーザー試験概要

  1. レーザーで被膜を剥離した銅端子を、青色ハイブリッドレーザーで溶接
  2. 青色レーザーを用いた重畳溶接で、スパッタを抑えて高品質溶接が可能であるか検証

青色ハイブリッド実験概要

青色ハイブリッドレーザー実験結果

剥離を行い溶接可能。青色レーザーを用いる事でスパッタを大幅に削減する事ができました。

青色レーザーハイブリッド実験結果

ファイバーレーザー単体での加工とは違い、青色レーザーを重畳させた2波長レーザー溶接では強度のある溶接が可能。また目視で確認できるスパッタはほぼ発生しない結果となりました。

青色レーザーの効果

銅への吸収率が非常に良いため、ファイバーレーザーの熱入射を効率良くアシストしている。

材料に対する、レーザ波長と吸収率

高速カメラによる溶接比較

下記高速カメラで撮影した溶接比較動画となります。
スパッタの発生をしっかりと抑制できているのが確認できます。

Copyright© UW JAPAN株式会社 , 2020 All Rights Reserved.