2019年中国のレーザ市場について

2019年中国のレーザ市場サミット集計

情報源
LASER PHOTONICS CHINA 2019
Photonics China 2019 全世界のレーザ装置の市場動向まとめ

中国の市場規模

アジアのレーザ加工市場が、2014年度に全世界市場の50%を超え、この時点で中国の市場は全世界の30%であった。2017年度中国は全世界市場の45%担う市場に成長した。

2018年度の中国レーザ加工機市場

約8,000億円規模に成長。

成長率は中国GDPの約2倍で、16%成長を維持している

中国のレーザ加工機市場推移

2018年度の中国製ファイバレーザの割合

小出力(20W以下)で約95%

中出力(3kW以下)で約60%

大出力(3kW超)で約20%

2018年度の中国製ファイバレーザの割合

2018年度の中国製FL出荷台数
約11万台出荷

小出力(20W以下)・・・・90,000台

中出力(3kW以下)・・・・15,000台

大出力(3kW超)・・・・1,000台

中国製ファイバレーザ出荷台数

中国内では、中出力市場全体の60%が中国製発振器

中国市場に設置された中出力FL搭載加工機の市場規模は2018年度で約25,000台。
この内、中国製FL搭載は約15,000台

中国内での中国製ファイバレーザ使用比率(中出力)

12kW以上のFLの中国市場は100台(中国製は10台)見込み。今後は高出力FLによる溶接市場が急成長すると予測している。

3kW以上の大出力レーザ市場では、圧倒的にFLが占めている。大出力の適用市場は切断が74%、溶接が26%となっている。

Copyright© UW JAPAN株式会社 , 2019 All Rights Reserved.