ファイバーレーザーハンドトーチ
アプリケーション紹介

  1. HOME >

ファイバーレーザーハンドトーチ
アプリケーション紹介

肉盛り溶接

レーザでは母材同士を溶かして溶接する方法が一般的ですが、肉盛り溶接も可能です。

ギャップ(隙間)0.5mmの突合せ溶接

ギャップ0.5mmのステンレス・アルミ板(t1.0mm)の突合せ溶接が可能です。

ワークの厚みによって、ギャップ裕度が変化致しますのでご了承下さい。

SUS突合せ溶接 ギャップ0.5mm

SUS突合せ溶接 ギャップ0.5mm

SUS突合せ溶接 ギャップ0.5mm

Al突合せ溶接 ギャップ0.5mm

SUSパイプ材突合せ溶接

円周溶接を行う場合、回転冶具等を使用する事で、より高品質な溶接が可能です。

SUSパイプ材突合せ溶接部拡大

© 2021 UW JAPAN株式会社