レーザコントローラNCL-150

レーザ装置の微細な出力コントロールが可能

レーザコントローラ NCL-150

NCL-150は、アナログ入力でレーザパワー制御可能なレーザ装置のレーザ波形を任意に設定・制御できます。外部I/OをPLCと接続する事で、レーザ加工装置のシステム化を容易に行う事が出来ます。

NCL-150の特徴

  • タッチパネルプロコンで遠隔操作、簡単設定
  • 最大32条件の波形登録
  • 20ポイントのパルス折線波形
  • CWモードに対応
  • 繰り返し周波数、パルス数を任意設定
  • 出力は0.1ms毎に設定可
  • フェードイン・フェードアウト機能
  • 外部I/Oで自動機等のシステム構築

NCL-150 構成

NCL-150構成

設定画面

NCL-150設定画面

製品仕様

入力電源 AC100~240V 50/60Hz
プロコン 5.7インチカラーLCD タッチパネル操作 スタート・非常停止付
波形制御 時間:0~999.9sec パワー:0~100%
繰り返し周波数 0~500pps
変調周波数 0.10~9.99kHz
デューティ 10~100%(外部スタート入力時)
外部I/O IN:レーザスタート・条件選択・ガイドビーム・インタロック他
OUT:準備完了・レーザ出力中・終了・モニタ判定・異常他
通信機能 RS-485
本体寸法 W330×H90×D300mm

Copyright© UW JAPAN株式会社 , 2019 All Rights Reserved.